不動産屋選びで失敗したくない!?危ない不動産屋を探すチェック項目3点

やたらと高い物件を勧めて来たら注意

賃貸物件を探す時には、毎月支払える金額の目安は自分でよく分かっています。計算した上で家賃の上限を申告するわけですが、申告した家賃上限を平均額として物件情報を見せてくる不動産屋に遭遇してしまったら内見は辞めましょう。次の不動産屋へ行くために物件資料だけ貰うよう方針を変えることが正しい選択です。不動産屋では仲介手数料は家賃の1ヶ月分が上限となるので、1円でも家賃が高い物件を見せて入居させれば自社の売上が上がるからです。良心的な不動産会社はキッチリと予算の範囲内で案内してもらえるので安心です。万が一予算の範囲内で物件が無ければ、予算を少し上げられないか打診をしてから申し訳無さそうに案内してもらえます。

サブリース物件で仲介手数料を取っていたらアウト

賃貸物件を見慣れていないと、普通の物件とサブリースを見分けられないかもしれません。サブリースでは大家から不動産会社が一括借り上げしており、不動産会社が借りている部屋を入居者に又貸しをする方式です。このため不動産会社との直接契約となるので仲介者は存在しないので仲介手数料は取れません。堂々と仲介手数料が必要という場合には、内見の前に一度持ち帰り現地を見に行ってサブリースを行っている不動産会社を突き止めて直接申し込めば良いのです。客付不動産会社だからという理由で仲介手数料を請求しているケースのため、本来は不動産会社同士で広告料精算で済ませる内容を入居者からも取ろうとしているからです。冷静に考えれば回避出来ます。

専任媒介物件の紹介を希望した時の対応が大切

良さそうな不動産会社と思えたら、専任媒介物件を1つ見せてもらうと良いです。全て仲介物件のみを取り扱う不動産会社も確かにありますが、都内の一部の繁華街を除いて真っ当な営業をしていれば専任媒介物件を複数持っていることが通常です。持っていても案内したくない入居希望者と認識されている可能性があるので、何れにしても専任媒介物件を案内希望しても案内されない場合には別の不動産屋をあたった方が優良物件に巡り会えるでしょう。

帯広の賃貸マンションは、住む人が安心して安全に暮らすことができるように防犯システムの方が充実しています。

コメントは受け付けていません。