リッチなプレミアム老人ホーム3千万円台、5千万円台、2億円を見つけた!!

とりあえず、3千万円台から!?お屋敷風老人ホーム

高級感あふれる旧邸をイメージした館内が、お年寄り好みのテイストの和の雰囲気を醸し出している某高級老人ホームは入居金最低金額が3,880万円からとラグジュアリーなお値段が提示されています。お屋敷の建っていた敷地に建築された老人ホームは、調度品や門構え、わびさび感じられる日本庭園を以前の建物から継承して施設内の様々な場所に配されていると言う豪華さです。コミュニティールームの重厚な意匠の欄間は一見の価値ありです。浴室も高級旅館の風格で旧邸の浴室天井を利用した檜風呂や、かけ流しの浴室から洒落た坪庭が眺められるなど、まるでアクティビティの世界ですね。リッチなご老人ならば自分の住んでいたお家や別荘にいる様な気持ちになるのかもしれませんね。和風色濃い施設で行われるサービスは”おもてなしの心”を大切にされているそうです。

モダンスタイルの洗練された老人ホーム

”目黒区みどりのまちなみ賞”に輝いた老人ホームは、自然との一体化をテーマにされている洗練された印象の老人ホームです。全ての居室に浴室とキッチンが備え付けられているため、プライベートが守られる上、自分のリズムで自由な生活空間を確保できます。入居者一人につき専任のスタッフがいるのも安心ですよね。木部を基調にした館内は太陽光が多く取り込まれるように設計してあり、とても明るく清潔な雰囲気です。中庭には小さな滝が流れていてヒーリング効果もありそうです。細部に渡って心地よく過ごせるように工夫されている上に都心に近い立地条件が嬉しい老人ホームは入居一時金が5000万円相当とハイクラスですが、施設と言うより家でリラックスしているような気分が得られるならばこのお値段はアリ?なのかもしれません。

ついに見つけた!!最大入居金額2億円!?

ピカソの作品がロビーで入居者をお迎えする老人ホームは、最高で2億円の入居金額が提示されていますが、そのサービス内容は本当にプレミア感満載です。メインダイニングでの食事は和会席か本格フレンチのコースをシェフに頼むことができ、遊びに来た家族と一緒にご馳走を楽しめたり、ケアサービスは入居者に寄り添うことを念頭に、従来の老人施設の平均の2倍のケアスタッフが配置され、看護婦と共に24時間常駐しています。安心感のレベルが格段にいいことに納得です。セキュリティも充実しているため、VIPなご老人の安全やプライベートも厳守されそうですね。完全な富裕層向けとは言え高額すぎる印象を受けがちですが、必要であると言えるのは、高額な居室により人気が集まっていることが証明しています。ステータスは年齢に関わらず守られるべき権利だと言うことなのかもしれませんね。

川崎市の老人ホームを選ぶ際には、事前の情報収集や体験入居などを通して様々な点をチェックしながら選ぶことがポイントです。

コメントは受け付けていません。